記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人は寂しくない。友達といない時間があなたを成長させる?【孤独のメリット3つ】


あなたは今、


自分には友達がいないと思っていますか?


一人でいることに対して寂しいと思っていますか?


孤独を感じることはありますか?


image38.jpg



どれかに当てはまるのであれば是非この記事に目を通してみて下さい!


あなたは生まれた時から親、先生に、


「みんなと仲良くしなさい。」「友達を沢山作りなさい。」


こんなことを言われて育ってきたのではないでしょうか?


その結果として「友達がいないのは寂しい」「一人の時間、孤独な時間は寂しい」と感じてしまうのです。


しかし人間は生まれた時と死ぬときは結局一人であり、いわば孤独です。友達と一緒に生まれたり、友達と一緒に死ぬことはできないのです。ただ、こんなことを考えたところで気持ちも晴れないと思うので、あなたが「友達がいない、孤独を感じて寂しい」と感じてしまう際の対処法を書かせていただきたいと思います。


孤独と上手く付き合うためには孤独であることのメリットを理解して、心から孤独を好きになる必要があります。


果たして孤独にメリットなんてあるのでしょうか?「一人の時間に意味なんてあるの?」、そう思ってしまう人も多いのではないでしょうか。


実は、孤独というのはメリットだらけなのです!!


一人の時間には主に2つのメリットがあります。





孤独のメリット①個性を磨くことができる


孤独な時間、一人の時間というのは個性を磨くには最適です。友達が多い人というのは程度の差はあっても、他人に合わせて行動しているものです。これがなぜいけないのかというと、もし仮に「俺は本当は違うことしたいんだけどなー。」と友達と違う考えを持っていたとしてもそれを主張することができないので、結局他人に合わせることになり、個性的な考え方というものが殺されてしまうのです。その結果、常に友達といるという人は自分の個性がどんどん消えていくので人に合わせることしかできない、自主的に考えて行動を起こせないタイプの人間になってしまう可能性があります。


人に合わせることしかできない、自分で考えて行動できないタイプの人は大人になるにつれてどんどん苦労していきます。なぜならリーダーとして人を引っ張る能力が欠如してしまうからです。大袈裟だな、という人もいるかもしれませんが人間は歳をとるにつれて引っ張らなければいけない場面というものが増えてきます。例えば会社で上の役職につく人間は部下を引っ張っていく必要があります。部下についてきてもらうためにはどうすればいいかということを自主的に考えることができなければその役は務まりません。優れた社長や上司ほど一人の時間を大切にし、成績の上がらないダメ社員ほど友達と飲んでは愚痴を吐く生活を繰り返しているものです。あなたが上のような部下になりたくなければ、孤独の時間を大切にする必要があります。


子供が欲しいのであれば、いずれ親になるときが来ます。親は会社で言う社長、つまりリーダーです。なぜなら部下が上司を見て成長するように、子供も親を見て成長するからです。。もし仮に親が自主的に物事を考えられない、個性を主張できないという人であれば、子供も親と同じようなタイプの人間になってしまうのです。親というのは子供以上に深く物事を考えて、しっかりと自分の意見を主張できなければいけません。ここでいう深く物事を考える能力、しっかりと意見を主張できる能力というのは、友達といない一人の時間に養われていくものです。一人の時間が寂しいといって子供を置いて友達と飲みに行ってしまう親が、優れた親とはいえませんよね。



孤独のメリット②自分を成長させることができる


image39.jpg



孤独というのは自分の能力を最大限に伸ばすことができる時間です。あなたが今何かを頑張っているとしましょう。それは資格の勉強かもしれませんし、野球でレギュラーを手にするためにバッティングを練習しているところかもしれません。もしくは、なんとしても志望校に受かるために必死に受験勉強をしているところかもしれませんね。



この何かを頑張っている最中に友達はいないほうが人は成長できるのです。



あくまで最中の話なので、受験シーズンにエールを送ってくれる友達や、野球の応援に来てくれる友達というのはいてもいいかもしれません。ただ友達と一緒にカフェで勉強したり、仲良くバットを振ったりという時間はあまり意味がありません。何かを成功させている人というのは一人の時間を大切にする傾向があります。なぜなら一人の時間というのは最も集中することができる時間だからです。勉強にしても集中しないよりは集中してやったほうが成績は伸びますし、スポーツにしてもそうですよね。


あなたが今、何かを頑張っている、何かを成し遂げたいと思っているのであれば、一人の時間を大事にしましょう。集中してそれに対して向き合うことで最大限成長することができるはずです。逆にいつまでも、何をするにしても友達がいないと嫌だ、という人は成長するチャンスを失っているのです。



孤独のメリット③自由気ままな行動ができる


これは上の二つとは違い、少し楽しいメリットです(笑)


例えばカラオケに行く場合でも友達と一緒であれば2回同じ曲を入れるのは少しためらいますよね?友達のいない一人でのカラオケなら好きな曲を好きなだけ歌うことができます。買い物をしに行くときでも、自分のペースで買い物してしまうと相手に迷惑がかかると考えてしまい、相手に合わせてしまいますよね?これも一人の時間であれば、自分のペースで、自分の回りたいコースで買い物をすることができます。






どうでしょうか?今回は孤独のメリットについて書いてみました。


友達がいない、一人の時間が寂しいと思っても、孤独にはこんなに沢山のメリットがあります。むしろ孤独に慣れることができない、つまり友達がいないことに耐えられないという他人に依存してしまう人のほうが大人になるにつれてデメリットが非常に大きい気もしますよね。




あなたも、これをきっかけに孤独をポジティブに捉えてみてはどうでしょうか?


最後までお読みいただきありがとうございました。









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。