記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平沢大河の評価が高い理由!!(千葉ロッテマリーンズ#13)【仙台育英高】



今回は、現在キャンプを終え、これからオープン戦へと入っていくプロ野球について書かせていただきたいと思います!


書かせていただくのは仙台育英高校からドラフト1位(2015年)で千葉ロッテマリーンズに入団した平沢大河選手です。


image37.jpg


18歳の高卒ルーキーは現在オープン戦に出場し1軍生き残りをかけて戦っています。1軍生き残りどころか開幕戦をスタメンで出場すれば1988年の立浪和義以来となる快挙です。


平沢大河選手といえば高校3年の夏に仙台育英高校の3番ショートで夏の甲子園に出場。順調に勝ち上がり決勝まで駒を進めましたが、小笠原慎之介(中日ドラゴンズドラフト1位、2015年)、吉田凌(オリックス・バッファローズドラフト5位)の左右のエースが率いる東海大相模高校に敗れて、東北の出場校の甲子園初優勝という悲願の夢へあと一歩届きませんでした。


甲子園の結果は準優勝ながら平沢選手はこの大会で3本のホームランを放ち、高校生内野手No.1の評価を受けるようになりました。また、高校日本代表にも選ばれドラフトの目玉として競合が予想されるまでの存在になりました。


結果的にドラフトでは東北楽天ゴールデンイーグルスと千葉ロッテマリーンズの2球団が競合し、千葉ロッテマリーンズが平沢大河選手の交渉権を手にしました。


ドラフト前の平沢大河選手の評価はとても素晴らしいもので、名称と呼ばれ3球団を渡り歩いた野村克也氏は、


「俺が60年見てきた中でこんな選手はいなかった。」


と評価し、東北楽天ゴールデンイーグルスを初優勝へと導いた星野仙一氏も、


「鳥谷を越える存在になるんじゃない。」


と、4度ゴールデングラブ賞を獲得している球界を代表する遊撃手の鳥谷敬選手を越えるとの評価をしていました。


なぜここまで平沢大河選手の評価が高いのか私的に考えてみたのでそれを書いていきたいと思います。


平沢大河選手は176cm/76kgとプロ野球選手の中では非常に小柄な部類であることは間違いないです。もっと大型の内野手は高校のみならず、大学、社会人でもいくらでもいます。なぜ平沢大河選手はそういった内野手を差し置いて高い評価を受けているのか...。


平沢大河の評価が高い理由①【高校生でありながら精神的に強い。】


平沢大河選手は18歳で高校3年生です。選手寿命が短いプロ野球においては高校生というだけでスカウトの評価は上がるものです。(じっくり育てることもできるし、早い段階でレギュラーを獲れれば長く活躍することができます。)


ただ、高校生というのは基本的に精神的に未熟であり、いくら実力があっても精神的に苦労してプロの世界で大成しないという選手は数えきれないほどいます。お金もサラリーマンより多くもらえますし、うまく結果が出ていないときに自暴自棄になってパチンコ、飲酒で選手生命を自ら断つ選手もいるほどです。


その点平沢大河選手に関しては、注目される機会やスカウトが増えたからと言って自分のプレースタイルを崩している様子はないですし、記者のインタビューが増えたとしても淡々と冷静に答えられています。このことから言えることは、かなり精神的に強いということです。なおかつ真面目なタイプなので上に書いたような理由で選手生命を終えることはまず考えずらいです。


精神的な強さでプロのサバイバルの世界の中でも淡々と戦うことができる(しかも高校生で)というのはスカウトにとっては評価が高くなって当然だと思います。どんなに才能があっても精神的に弱いとプロでは通用しないですからね。高校生離れした実力と共に高校生離れした精神力を持っていることが、より評価を高めている理由の一つだと思います


平沢大河の評価が高い理由②【適応能力の高さ】


適応能力の高さはプロ野球選手にとっては非常に大事な要素です。例えばプロの試合でスタメン出場すると1試合に3人から4人のピッチャーを打つ場合があります。この場合に適応能力が低いと先発のピッチャーは何とか打てたけど2番手、3番手のピッチャーに対してタイミングが合わず、打てないという事態が起こります。このような結果をシーズン通して繰り返すと打率が上がりませんよね。ですから適応能力の高さは重要です。


平沢大河選手が適応能力の高さを見せつけたのが大学日本選抜と高校日本選抜での試合です。大学No.1投手の呼び声が高く、2016年のドラフトでは12球団が競合してもおかしくないと言われている田中正義投手【創価大】の150キロを超えるストレートをフォームを微塵も崩さずにライト前へはじき返したのです。150キロを超えるストレート、大学No.1投手の球質、高校レベルではありえない変化球。平沢選手が今までの野球生活で見たことのない未知の条件が揃っていたはずです。そのピッチャーに対して、1打席の中でタイミングを合わせ、形を崩さずに鮮やかにライト前ヒットにしてしまう。この適応能力の高さがプロのスカウトから高い評価を受ける理由だということが分かりました。


高校野球のピッチャーは多少の違いはあっても大体投げ方は本格派です。さらに140キロを超えるフォークを投げるピッチャーもいなければ、魔球並みのチェンジアップを投げるピッチャーもほとんどいません。しかしプロのピッチャーには様々な投げ方があって、魔球のような変化球を操るピッチャーも数多くいます。さらにリードするキャッチャーもプロです。プロの世界においてで適応能力が高いというのはこれらのピッチャーに対応できることであり、すなわち打率を残せるということを意味します。


平沢大河の評価が高い理由③【欠点がない未完の大器だということ】


平沢選手は野村克也氏に「欠点がない。」と言わしめるほどの野球センスの持ち主で、特に打撃フォームに関しては治すところがないと言われるほどに高い完成度を誇っています。近年で打撃フォームに治すところがないと評価されていた選手は現読売ジャイアンツ監督の高橋由伸くらいだったそうです。高橋監督がいかに素晴らしいバッターだったかは記憶に新しいかと思います。そんな高橋監督に例えられるような完成度の逸材だということは評価が高いのも頷けますね。


クセのある選手を矯正するというのは非常に骨の折れる仕事ですし指導したところで確実に矯正されるとは言い切れません。故障する場合もありますし、余計に悪化する可能性もあるのです。球団がこういったリスクを背負うことなく、むしろ完成されている選手ともなればドラフトで競合になるのも納得です。


さらにご存知の通り平沢選手は18歳です。もっと経験を積んで歳を重ねれば野球に対する知識も増え、精神的な部分で当然成長するはずです。さらにまだ体の線も細いのでもっと体を大きくしたら打球の飛距離も伸びますし、肩も強くなると思います。精神面、肉体面でまだ伸びしろが残っている未完の大器だということですね。これでは評価は高いのも当然です。



以上3点が平沢選手の評価が高い理由だと思います。彼は打撃が持ち味で近年のプロ野球ではあまり見ない打てるショートになれる可能性を秘めていることも評価を上げている要素かもしれませんね。



とにかくこの2016年シーズンの開幕戦、立浪和義以来の高卒内野手スタメン(1988年)の快挙が見れるのか。平沢大河選手が千葉ロッテマリーンズのスタメンとしてスコアボードに名を刻むのか、注目したいと思います!



最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。