記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【井端弘和に学ぶバッティングのコツ】打つ時に開いてしまう人へ、開かないようにする裏ワザ。

バッティングで打つ時に開いてしまうということは、ヒットを打つ確率が下がります。もっと言ってしまえば、ヒットを打つためには打ち損じを無くさなければなりません。

打つ時に開いてしまうことによってミスショット、打ち損じが増えることによりヒットを打つ確率が下がってしまいます。

開いてしまうと何がいけないのかというと、

①手元で曲がったり、落ちたりする変化球を待てず空振りしてしまう。
②外角のボールに届かない、もしくは届いてもひっかけて内野ゴロになってしまう。

といったデメリットが挙げられるかと思います。というか、メリットはないと思います。笑

もちろんピッチャーは打たせまいと思って投げてくるはずです。そうなったときにバッターの一番ヒットになる確率が低いところは外角、アウトコースの低めなので、相手ピッチャーはここに投げ込んできます。ただでさえ打ちづらいコースにも関わらず、打つ時に開いてしまうと、よりジャストミートする確率が下がるのです。

また、ピッチャーは2ストライクに追い込んだらボール球の変化球を投げます。バッターにストライクだと錯覚させ、振らせて三振に打ち取るためです。この場合にも開きが早いとボールから目線を切るのが早くなってしまうので、当然ボール球を振って三振してしまう確率も高くなってしまいます。

このようにバッティングにおいて、打つ時に開いてしまうというのはデメリット以外の何物でもないわけです。


【そもそもなぜ開いてしまうのか。】


そもそも打つ時になぜ開いてしまうのか。

これを理解していないと改善のしようがないですよね。開いてしまう原因としては一時的なものと、習慣になってしまっているものがあります。

一時的な原因の例を挙げると、右バッターがレフトスタンドにホームランを打った次の打席で、もう一度レフトスタンドにホームランを狙ったバッティングをしようとすると開いてしまう、というものがあります。


習慣的な原因としての例は、少年野球時代に「前で打て!」「詰まったら負けだぞ!」という指導を受けてきて、前で打つ癖がついてしまい、結果的に開いてしまっているというものがあります。(前で打つということは開かないとできないことなので)


主にこの2つが原因でバッティングにおいて、開いてしまうという人が多いように感じます。特に習慣的に開いてしまう癖が身についてしまっている人はストレートしか投げてはいけない少年野球やバッティングセンターではヒーローになれますが、変化球が解禁される中学野球からは全く打てなくなってしまいます。


【打つ時に開かないようにする裏ワザ。】


「原因は分かっていても治すことができない。」「癖として身についてしまっている。」という方もいると思うので、そんな方達に今回はバッティングで打つ時に開かないようにする裏ワザをお伝えしたいと思います。

それは、腰を回さないようにすることです!


恐らく今までの野球常識にとらわれてしまっている人には理解できないフレーズではないかと思います。

通常、バッティングは「腰を回せ!」「腰で打て!」というのがセオリーです。

この常識が溢れかえっているせいで、打席で腰を思いっきり回して、思いっきり開きまくって三振している人がいます。(私はピッチャーなのでありがたいですけど笑)

本来の腰を使うというのは、ただ腰を回せばいいのではなタイミングをとること、必要最低限の動作でボールに力を伝えることの2点です。

プロ野球のバッターにこれを理解している打者は数多くいますが、その中でもストレート、変化球全てを見極め、意図してファールを打つことができるバッターを今回は紹介したいと思います。(現在は引退してしまいました)

井端弘和です。現役時代は相手ピッチャーに最も多くのボールを投げさせることのできる一人として、相手チームに恐れられていた選手です。


井端弘和 脅威の技術!



上の動画を見てみてください。井端弘和のファールうちの極意が語られている動画なのですが、注目していただきたいのはファールを連続で打っているVTRの下半身、右足の使い方です。

まず井端弘和は腰をほとんど回しません。バットを振るという動作ですから全く回さないというのは不可能な話ですが、本当に必要最低限しか回していません。その証拠として打った後の右足はクルリと回転せず、後ろに引くという形になっています。思いっきり腰を回してしまうと、この右足を後ろに引くという動作はまずできません。

この必要最低限な腰の使い方をしていると、まず目線がぶれません。それゆえに最後まで目線をボールから離すことなく、ボールをしっかり見ることができるようになります。井端弘和が意図してファールを打つことができるのは誰よりも長くボールを見ていることができたからだと言われています。


image110.jpg



また、井端弘和は右方向へのバッティングをすることにも長けていました。これも腰の動きを必要最低限に抑えることにより、打ちに行くギリギリまで目線を離さなかったため、体に近いところで打てていたからだと思います。

井端弘和といえば守備職人で有名でしたが、バッティング、野球に対する考え方はプロ野球においても群を抜いていたと思います。だからこそ長期にわたって、あれだけの活躍を続けることができたのでしょう。

バッティングにおいて打つ時に開いてしまうという人は、野球の常識を疑って井端弘和の真のバッティング技術を盗んでみてはどうでしょうか?(^O^)

最後までお読みいただきありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。