記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【前で打て!は間違った常識】ヒットを打つためのバッティングフォームとは?

あなたは今の自分のバッティングに満足していますか?

コンスタントにヒットを打つことができていますか?

実はバッティングはある程度決まった打ち方があり、決まった打ち方、バッティングフォームで打てば、才能とは関係なく誰でもヒットを打つ確率を上げることはできるんです。

もちろんプロの世界でヒットを打つというのは才能もある程度関係してくるでしょうが、おそらくこのページを見て下さっている方は草野球をされている方、高校野球をされている方等、主にアマチュアの野球をされている方だと思います。

アマチュアのレベルであればバッティングに才能は関係ありません。

あなたがもし今、「バッティングに自信がない。」「守備のほうが得意でバッティングは苦手。」といった悩みを持っているのであれば、それは才能がないのではなくバッティングフォームが悪いことに他なりません。

そして、その主な原因というのは小学校、もしくは中学校時代の誤った指導のせいでしょう。

ヒットが打てる人、打てない人の差なんて正しいバッティングフォームを知っているかどうかですから。

ですが今さら小学校、中学校の指導者を恨んだからといってヒットを打てるようになるわけではありません。

それならば、今この時からバッティングに対する考え方を変えて、正しいバッティングフォームを身につけましょう。


【バッティングは前で打てという誤った常識。】

少年野球の指導者がよく口にするこの言葉

「前で打て!!」

これ、ものすごく重大な間違いです。

え、小学校の時からそう教わってきたんだけど、、、

という方も多そうですね。確かに少年野球もしくは中学野球の指導者はよく「前で打て!」と口にすることが多いように感じます。

私が先日近所のグラウンドを訪れた時にもお父さんが息子に向かって、

「何詰まってんだよ。ホームベースの前で打て!」

と指導しているところを目撃しました。残念ながらこの子供がプロ野球選手になる確率は限りなく低いでしょう。


【世界のヒットメーカー、イチローのバッティング。】


!cid_8FAA7FF8-4740-4171-923B-E5873FAAA891.jpg



前で打つのが間違った常識なら、どこで打つのが正しいバッティングフォームなのでしょうか。

ここで一本の動画を見てみて下さい。世界のヒットメーカー、日本人で一番ヒットを打っているイチローのバッティングフォームです。

【バッティングスロー再生】

この動画の2つ目のイチローのバッティングフォームを見てみて下さい。どこで打球を打っていますか?

ホームベースの後ろの角です。

ホームベースの前で打て!なんてとんでもない。世界のヒットメーカーであるイチローがホームベースの後ろあたりで打っているのです。

【なぜ後ろで打つのか?】

イチローがホームベースの後ろでボールをとらえていることは分かりましたが、なぜ後ろで打つとヒットを打つことができるのでしょうか。

後ろで打つことによって得ることができるメリットは二つあります。

①打球の飛距離が伸びる。

人間と言うのは体の中心から離れていくにつれて力が入らなくなる構造を持っています。

例えばジャンプするときのことを考えてみて下さい。体の中心を地面との距離が遠く、棒立ちのような状態でジャンプするのと、体の中心を地面に近づけて思いっきり膝を曲げてジャンプするときを比べてみたら、どっちのほうが高く跳べると思いますか?

もちろん後者ですよね。

バッティングでも前で打つということは腕が伸びきってしまっていて、体から遠いところでボールをとらえているので飛距離が出ません。

後ろで打つ意識をすることで関節を思いっきり曲げて、体の中心に近いところで打つことができるので、ボールをとらえた後に押し込むことができます。

その結果飛距離を伸ばすことができるのです。


②ボールを長く見ることができるので三振、打ち損じが減る。

これはどういうことかというと、ホームベースの前で打つ場合と、ホームベースの後ろで打つ場合のミートポイントを比べてみて下さい。

ホームベースの後ろで打つ場合のほうが、前で打つ場合に比べて1メートル弱後ろでとらえていることになります。

つまり前で打つことをやめて後ろで打つことを意識すれば、今までより1メートル弱長くボールを見極める時間ができるということです。

たかが1メートル弱かもしれませんが、その効果は絶大です。

今まで振っていた落ちる変化球もバットが止まるようになりますし、好きな球が来るまでカットして待つことができるようになります。



以上のように前で打つという常識を覆して後ろで打つ意識をすれば、確実にヒットを増やすことができます。

現在、バッティングについて悩んでいて、前で打つバッティングフォームでうまくヒットを打てていない方は試してみる価値がありますよ(^O^)

最後までお読みいただきありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。