記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【開園15周年記念イベント、ザ・イヤー・オブ・ウィッシュとは?】東京ディズニーシーへ行ってきた。




現在東京ディズニーシーではパーク開園15周年を迎えたということで、イベントで盛り上がっています。

東京ディズニーシーといえば東京ディズニーランドと並んで、日本人なら誰もが知っている国内屈指のテーマパークですよね。

この二つのテーマパークを比べてみると、東京ディズニーランドの開園は1983年の4月15日で、東京ディズニーシーの開園は2001年の9月4日です。

東京ディズニーランドのほうが先の開園なんですね。

ちなみに東京ディズニーランドが開園してから東京ディズニーシーが開園するまでに18年かかっています。このことから東京ディズニーシーが開園した2001年から18年後の2019年に第三のテーマパーク、東京ディズニースカイが開園すると言われていますが、噂だけが独り歩きしてしまっている、と言われたりもしています。

ディズニーには面白い都市伝説も沢山ありますよね(^O^)


【ザ・イヤー・オブ・ウィッシュとは?】

イベント、ザ・イヤー・オブ・ウィッシュとは東京ディズニーシーの開園15周年を記念して行われているイベントのことです。

10周年の時はBe Magical!というイベントが行われていました。5年ごとに開園を祝してイベントが行われるということですかね。

今回のザ・イヤー・オブ・ウィッシュはクリスタル、願い、冒険といったものがテーマになっています。

【ザ・イヤー・オブ・ウィッシュでは具体的に何をやってるの?】

開園15周年を記念して行われているザ・イヤー・オブ・ウィッシュですが具体的にはどのようなことをしているのでしょうか。


①開園15周年記念グッズの販売

ザ・イヤー・オブ・ウィッシュの期間中は東京ディズニーシーの開園15周年記念グッズが販売されています。

今年中にしか手に入らないようなグッズが沢山ありますよ!


②パーク内がザ・イヤー・オブ・ウィッシュ仕様に

ザ・イヤー・オブ・ウィッシュのイベントの間はショーが開催されたり、パーク内に開園15周年のものが展示されたり、あとは食事も開園15周年仕様になっていたりしてとてもおもしろいです。


③ミッキーたちが全国17ヶ所でショーを開催

開園15周年記念の目玉としてはミッキーたちがなんと出張して、海や港にゆかりのある全国17ヶ所でショーを開催するそうです。

これは遠方の方で容易に東京ディズニーシーに来ることができない子供たちにとっては非常に嬉しいイベントですね(^O^)


とここまでザ・イヤー・オブ・ウィッシュとは何ぞやということを書かせていただきましたが、私は先日直接東京ディズニーシーのほうにいってきたのでその様子も少し書きます。

image89.jpg

おお、、、。えげつないほどの晴天でした(笑)


image87.jpg


これこそが今回の目玉!ということでみなさん行列を作って写真を撮っていました。

これだけでも感動させられたんですけど、ウォルト・ディズニーは想像を遥かに超えてきます。

この金色の船が夜になると、、、


image88.jpg


はい、もう言葉がでないくらいきれいですよね。ビックリしました。


そして私、ザ・イヤー・オブ・ウィッシュを体感しに行ったのですが、ザ・イヤー・オブ・ウィッシュを体感しすぎて、写真を撮るのをすっかり忘れてしまっていました、、、。

なんと今回はこの入口の船しかザ・イヤー・オブ・ウィッシュにまつわるものは撮れませんでした泣

ということで気になった方は是非、東京ディズニーシーへ行ってみて下さいね(^O^)

最後までお読みいただきありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。