記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【うっかり忘れちゃう。】そんな人のためのスケジュール管理のコツ。


ついついやらなければいけないことを忘れてしまったり、買い物のことを忘れてしまったりすることってないですか?

例えば、歯磨き粉がそろそろなくなりそうであと少ししかない状態で無理やり歯磨き粉を絞り出して歯を磨いているとします。今日こそは仕事帰りに買おうと思っていても仕事が終わると直帰してしまい、晩御飯を終えて歯を磨くときにハッとして思い出す、、、。

こんな経験をしたことはないですか?

もしくは、仕事が溜まりすぎてスケジュール管理がうまくできず、どれから手を付けるべきか分からなくなって結局あまり仕事も進まない、、、。

このような経験はおそらく誰にでもあるのではないかと思います。

どうすればうまくスケジュールを管理することができるのでしょうか。

【手帳でうまくスケジュールを管理する。】


image86.jpg



手帳でスケジュール管理するというのは出れでも一度は考えたことがあると思います。また、実践してみたという人も少なくないはずです。

現代では手帳も進化していて、分刻みのスケジュールが管理できるようになり、マンスリーが二つずつあるものも発売されています。

確かに手帳はスケジュール管理の王道でしょう。しかし私は細かいスケジュールを管理することには適していないと思います。

なぜなら、片手で確認することができないため、立ちながら、歩きながら次のスケジュールを確認することができないからです。

社内や学校、自宅における寝る前や起きた直後に確認する分には問題ないでしょう。しかし、1日に数回程度の確認では大まかなスケジュールしか把握できず、見落としも多くなります。

理想的なスケジュール管理はもっと頻繁に一つのイベントが終わるごとに確認できるものがいいはずです。

上で書いたように手帳を歩きながら見るとか、立ちながら見るのは不可能ですし、いちいちカバンから出して確認するのも億劫ですよね。

そこで私がおすすめするスケジュール管理のコツがあります。

【スケジュール管理のコツ=スマホのメモ帳を活用】

スケジュール管理のコツは、スマホのメモ帳を活用することです。

スマホのメモ帳であれば、歩きながら、立ちながら、電車内、食事をとりながらでも確認することができます。

スマホであれば、手帳のようにカバンにしまわずポケットに入れて持ち歩きますし、片手で操作することもできます。

LINEを頻繁に確認する方はそのたびにメモ帳にも目を通せばいい話です。

【スマホのメモ帳の具体的活用法】

例えば午前中に掃除と洗濯、午後に歯磨き粉を買いに行く、そのあとに本屋に行くというスケジュールがあるとします。

このスケジュールをメモ帳に、

掃除、洗濯、歯磨き粉購入、本屋

と記入するだけです。簡単ですよね?

それで掃除が終わったらメモ帳を見て、掃除の文字を削除して、洗濯に取り掛かります。洗濯も終わったら洗濯の文字を削除して、というのを繰り返します。

こうしていくことにより頻繁にメモ帳を確認できますし、消していくことで、やらなければいけないことは何が残っているのか、時間が足りないのか、余るのかということまでも分かります。

手帳だと書くのも消すのもスケジュールを確認するのもスマホより面倒くさいですよね。


今回はちょっとしたスケジュール管理のコツを書かせていただきました。

大まかな予定は手帳に記入することでスケジュールを管理して、細かい予定はスマホのメモ帳で確認するという使い分けもオススメです。(私はそうしています)

今回のコツを知って、少しでもいいな、と思った方は是非実践してみてくださいね(^O^)

最後までお読みいただきありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。