記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【カラオケ店員が教える】カラオケが上手くなるコツ【音痴を治す】


こんにちは!


今回はカラオケが上手くなるコツ、音痴を治すコツを書かせていただきたいと思います。


あなたはカラオケが上手く歌えない、音痴を治すことができたら...と思っていませんか?


音痴だとカラオケに誘われても渋々ついていく、という感じで心からカラオケの雰囲気を楽しめないですよね...


学生のうちの遊びはカラオケやボーリングが多かったり、社会人でも飲んだ後にカラオケに行ったりすると思います。その度に自分の音痴さにショックを受けて、治す方法とかないかなーと葛藤している人も多いのではないでしょうか。


音痴を治すことで好きな歌手の歌を歌いたいという人もいるかもしれませんね。


私も最初はものすごく音痴でした。EXILEが好きだったのでATSUSHIさんの歌い方を真似てみたりしても全く似てなくて…笑


カラオケが上手くなるコツ、音痴を治すコツなんてあるのかなーって感じで…


いつかあんな風に歌えるようになったら気持ちいいんだろーなー、って思ってカラオケ店でのバイトが終わった後に練習してました!


そんな私も友人とカラオケに行った際には上手いと言ってもらえたり、採点で高得点をとれるようになってきました。(プロレベルには程遠いですが…。)


そこでカラオケ店員の私がカラオケが上手くなるコツ、音痴を治す方法を少し書かせていただきたいと思います!


音痴にも様々な種類があって、それぞれ治す方法も異なってきますが今回は全ての音痴を治すために共通することを書かせていただきます。



カラオケが下手な人、音痴な人は、

①採点のバーを見ている
②歌詞の色が変化する部分を見ている

上のどちらか、もしくは両方を見ながら歌っている人が多いです。


これがなぜいけないのか、あなたには分かりますか?


正解は、音楽に【集中】できてないからなんです!!


【歌う】という行為は、


①音楽を聞く。

②それに自分の声を合わせて歌う。


という順序で成り立っています。


つまり集中して音楽を聞くこと、集中して自分の声を音楽に合わせること、この2つをしなければならないのです。


採点のバーと歌詞の色が変化する部分を見ていたら、音楽に【集中】することができないのです。


もちろん見ていても上手い人はいますが、それは音楽を聞くことに加え、それに自分の声を合わせる技術が既に身についているからです。


まずカラオケが上手くなりたい、音痴を治すという目標を持っている人は歌詞を覚えましょう。


そして採点のバー、歌詞の色が変化する部分を見ないで音楽に集中して歌う癖を身につけましょう!


このコツを試してみると、

・バーを見ながら歌っていると、高音の部分が来る直前に意識して力んでしまい、高音が出ない。
・バーに合わせて歌ってしまい、抑揚が全くつかない。


といったことも改善されるので結果的に音痴を治すことができます。(歌を上手く感じさせることができる)


以上がカラオケが上手くなる、音痴を治すコツです。


是非やってみてください!


音痴を治すことができたら、気持ちよく歌を歌えるようになってカラオケを楽しむことができるようになりますよ(^O^)


最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。