記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰でもオシャレに見える着こなしのコツ【モテファッションの秘訣】




ファッションって難しいですよね、、、。

「オシャレな着こなし」と「ダサい着こなし」の差は紙一重にも見えますし、同じ洋服でも違う人が着ると全く別の印象になったり、、。

流行にも左右されます。一昔前に流行った着こなしが現代では「ダサい」と切り捨てられてしまったり、、、。

ファッションというのは非常に奥が深いものです。

image72.jpg



結局のところファッションにおいて、どのような着こなしをすれば誰でもオシャレに見えるのでしょうか。

これは、その人の体型、肌の色、雰囲気、髪型によって変わってくるので、決まった型のオシャレな着こなしというのは存在しません。

ただ、比較的誰でもオシャレに見せることができる着こなしというものは存在します。


分かりやすく言うと、誰が着てもおかしくない服というものが世の中に一つだけ存在していて、それを着ることによって「ダサい」と言われることがなくなり、オシャレに近づくことができるということです。

では、どのようなファッション、着こなしをすれば「ダサい」と言われずに、オシャレに近づくことができるのでしょうか、、、

ズバリ、フォーマルファッションに近いものを着ることです!


image73.jpg


誰でもオシャレに見える着こなし、ファッションといえばフォーマルファッションに近いものが王道だと私は考えています。

なぜなら、スーツはデザインが大幅に変わらないのに、10代から60代まで幅広い年齢の人が着ることができます。さらにスーツを着ていて「ダサい、似合ってない」と言われることはほとんどないのではないでしょうか。

それどころか普段は私服の大学生もスーツを着ると「え、なんかカッコいい。似合う。」と言われることも珍しくはないはずです。

ここまで誰が着てもおかしくない洋服というのはスーツ以外に存在しないのではないでしょうか?

それならば、私服もフォーマルに近い着こなしをすれば、比較的誰でもオシャレに見えるということです。

仕事が休みの日のお父さんが蛍光色のオレンジ色のパーカーを着てしまったり、ダボダボのトレーナーを着てしまったりしているのを見ると非常にもったいないな、と感じます。

image74.jpg



このようにラフなTシャツの上に黒のジャケットを羽織るだけで誰でもオシャレに見せることはできますし、


image75.jpg



ジャケットが暑い季節になってきたらタイトめのシャツとスリムなパンツを合わせればオシャレファッションの完成です。


ファッションのコツとしてはジャケット、シャツ、革靴等のフォーマルなアイテムを少しファッションに取り入れることです。

こうすることで誰でもオシャレに見える着こなしができるようになります。

変に冒険せずに、普段着ているスーツになるべく近いファッションをしていくだけでいいのです。

慣れてきたら、Tシャツの柄を考えてみたり、ジャケットの色を派手にしてみたりすることによってアレンジを加えることもできます。

是非試してみて下さいね(^O^)

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。