記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画DEATH NOTE(デスノート)のあらすじ解説



こんにちは!今回は完結している漫画、DEATH NOTE(デスノート)について書いていきたいと思います!


漫画に興味のない私でもデスノートはしっかりと全巻家に置いてあります笑


私がデスノートを知ったのは小学校6年生の時でした。


その当時、映画でデスノートが公開されていて頃で、実は私は映画から入りました。(当時は漫画があることを知らなかったです笑)


漫画を読んだことがない、映画も見たことがないという方もデスノートいうタイトルは聞いたことがあるのではないでしょうか?気になってたけどどんなストーリーなんだろう、という方のために今回は軽くあらすじを書いてみたいと思います!



以下デスノートのあらすじです。


警察官を父に持つ主人公の夜神月(やがみ らいと)は全国模試で1位をとってしまうほどの天才高校生。そんな月は手にした者は不幸になってしまうというデスノートを拾ってしまう。見た目は普通の大学ノートだが、その表紙の裏には「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。」という説明が英語で書かれていた。月は半信半疑でこのノートを試し、デスノートの効力が本物であることを実感する。元々、害のある人間は死んだほうがいいという考えを持っていた月はデスノートと天才的な頭脳を駆使して、世の中を優しい人間だけが存在する世界へと変えていく。月はどんどん犯罪者を大量に殺していく。この事件はキラ事件と呼ばれ、世界中の警察が動き出す。そこへ月と同じレベルの頭脳を持っている謎多き世界的探偵L(エル)もキラ事件を解決しようと奮起する。月が世界を変えるのが先か、Lが月を捕まえるのが先か、二人の天才の対決が世界を巻き込んでいく。



以上がデスノートの導入部分のあらすじです。


このあらすじは最初のほうだけなので気になった方は是非読んでみてください!


月とLどっちが最終的に勝つのか、人間の美しい部分、愚かな部分、そしてアッと驚くようなトリックが使われている漫画です。


私は東野圭吾さんが書かれているようなミステリアスな推理小説が好きなのですが、私と同じように推理小説が好きな方はデスノートにハマること間違いなしです!


最後までお読みいただきありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。