記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【送球が安定しなくなるイップスとは!?】昨年ブレークした近藤健介は正捕手になれるのか?(日本ハムファイターズ)



昨シーズン北海道日本ハムファイターズでで最も輝いていたバッターと言えば近藤健介選手でしょう。


image45.jpg



打率は.326と自身初の3割台をマークし、首位打者を獲った柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)、最多安打記録を更新した秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ)と首位打者争いを繰り広げていた時期もありました。


元々ミスショットの少ない、芯に当てる確率の高い選手として高校時代から有名でしたが、ここまで高い打率を残せるようになったのはキャッチャーの経験が活きている、と近藤選手は言っていました。相手投手の配球を読む力が養われて、狙い球を絞って打てるようになったそうです。昨シーズン序盤はそれまで正捕手でスタメンマスクを被ることが多かった大野将太選手の怪我の影響もあり、近藤選手がキャッチャーで出場する機会が増えていました。


しかし、シーズンの途中で近藤選手にアクシデントが起こります。自分の思うような球が投げられなくなる状態に陥ってしまったのです。この症状をイップスと呼ぶ人も少なくありませんでした。



【イップスとは?】


元々ゴルフ用語からきており、野球の場合だと送球恐怖症と呼ばれることもある。送球に対する悪いイメージが染みついてしまうと筋肉が極度に緊張、硬直し、リズム感を失うことによってスムーズな送球ができなくなる症状のこと。特に短い距離のスローイングが難しく、投手や内野手の選手が外野手に転向するケースも多い。







高校野球ではよく見られる現象で、送球ミスで監督や先輩に怒られてしまい、失敗を恐れて悪送球をしないようにしようと思うと変な力が入って、結果的に送球が定まらなくなってしまうのです。真面目な性格な人が陥りやすい症状だとも言われています。


現在の近藤選手のスローイングもイップスの症状であると言われていますが、真面目すぎる性格が仇になってしまったのでしょうか。元々は肩が強く、スローイングも抜群に優れている選手でした。


私が初めて近藤健介選手を見たのは彼が高校1年生時の夏の神奈川大会です。彼は今でこそキャッチャーを守っていますが、当時は1年生ながら名門横浜高校のショートでスタメン出場していました。守備を見ていると肩が強くスローイングも完璧。打ってはライトスタンドの弾丸ライナーでホームランをたたきこんでいました。それを見た私はものすごい1年生が横浜高校にはいるんだな、というくらいにしか感じていませんでしたが、2年生からは横浜高校の正捕手に座り、ドラフト4位であっという間にプロ入りしてしまいました。


彼は高校3年時には18歳以下の日本代表チームに選出され、そこではセカンドも守っています。ショートにキャッチャー、さらにセカンドを守れるということは相当な野球センスがあるということですね。


しかしその彼の野球センスを支えていたのがスローイングの良さだったことに間違いありません。そして今そのスローイングにおいて近藤選手は壁に当たっています。


通常イップスというのは克服することが難しいと言われていて、内川聖一選手(福岡ソフトバンクホークス)は今でこそレフトを守っていますが、もともとは内野手でした。内野での短いスローイングを克服することが難しく外野へ転向したそうです。近藤選手はバッティングも素晴らしいので、外野での起用も当然考えられますが、本人はファイターズの正捕手になりたいそうですね。イップスに負けずに頑張って克服してほしいですね。


数年後には日本ハムファイターズの打てる正捕手として、パンチ力のあるバッティング、抜群なスローイングを見れる日を期待したいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。