記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【平沢にも劣らないポスト鳥谷】遊撃手での開幕スタメンを狙う北條史也の才能、平沢大河との共通点とは!?(阪神タイガース)【背番号2】


現在プロ野球は各球団キャンプを終え、オープン戦へと突入しましたね。大記録に挑むルーキーや着々と調整を進めるベテラン選手達で連日スポーツニュースは賑わっています。


以前、1988年以来の高卒内野手での開幕スタメンを狙う2015年ドラフト1位、仙台育英高校出身の平沢大河選手について記事を書かせていただきましたが、


見ていない方はこちら⇒平沢大河の評価が高い理由3つ。(千葉ロッテマリーンズ#13)【仙台育英高】



今回はその平沢大河選手に負けず劣らずの才能を持った逸材、北條史也選手について書かせていただきます。


image42.jpg



実はこの北條史也選手と平沢大河選手には数々の共通点があるのです。それをまとめてみました。



北條史也、平沢大河の共通点①【共に甲子園出場、準優勝であるということ】


平沢大河選手は仙台育英の3番ショートとして2015年、夏の甲子園に出場しました。小笠原慎之介(現中日ドラゴンズ)、吉田凌(現オリックスバッファローズ)という左右のエースが率いる東海大相模高校に敗れ、準優勝という結果に終わってしまったことは野球ファンの記憶に新しいはずです。


一方北條史也選手は光星学院高校の4番ショートとして2012年、夏の甲子園に出場しました。藤浪晋太郎(現阪神タイガース)、森友哉(現西武ライオンズ)率いる大阪桐蔭高校に決勝で敗れ、準優勝でした。


両選手とも高校時代にあと一歩のところで日本一を逃してしまっているので、プロ野球選手として日本一になりたいという気持ちは強いかもしれませんね。


北條史也、平沢大河の共通点②【共に強打者の遊撃手であること】


平沢大河選手は3年夏の甲子園で3本塁打を放ちました。野村克也さんからも「バッティングフォームは治すところがない、完璧。」と言わせてしまうほどバッティングで高い評価をされています。素晴らしいバッティングを甲子園で披露しスカウトの視線を一気に自分に釘付けにしましたね。


しかし、北條史也選手の甲子園での成績は平沢選手の上をいきます。準決勝での2打席連続バックスクリーンを含む4本のホームランを放ったのです。北條選手は2年、夏の甲子園にも5番ショートで出場しており、全国レベルのバッターという評価をされていました。当然3年夏の甲子園での北條選手へのマークは厳しいものでした。その中で失投を逃さずに4本のアーチをかけてしまうのですからスカウトの評価も当然高く、ドラフトでは上位指名されました。



平沢大河選手と北條史也選手の共通点③【ドラフト上位指名を受け、高卒でプロ入りしていること】



平沢大河選手は2球団による競合によりドラフト1位指名され、千葉ロッテマリーンズへ入団しました。北條史也選手はドラフト2位指名を受け、阪神タイガースへ入団しています。







意外と共通点がありますよね。連日スポーツニュースでは平沢大河選手で持ちきりですが、北條史也選手も平沢選手に負けず、劣らずの才能を持っている、可能性を秘めた選手であることが分かります。


平沢選手が入団した千葉ロッテマリーンズはレギュラー選手の移籍が相次ぎました。それゆえに平沢選手にも開幕スタメンのチャンスが回ってきています。ですが、北條選手が阪神タイガースに入団した当時は内野陣は揃っており、特にショートにはゴールデングラブ賞を現在まで4度獲得している鳥谷敬選手がいました。そのためなかなかレギュラーを奪取できずにいましたが、2軍では得意のバッティングでアピールを続けていました。今季からは監督も変わり、世代交代の年も近くなってきている気がします。これだけの才能を持った選手ですから阪神タイガースのショートのスタメンの座を勝ち取る日もそう遠くはないのではないでしょうか。


将来的には平沢大河選手、北條史也ともに球界を代表する強打の遊撃手へと成長してほしいですね。そして二人がそれぞれのチームで遊撃手のスタメンとして出場して、日本シリーズで対決するところを見てみたいものです。


まずは今シーズンの平沢大河選手、そして北條史也選手に注目してみたいとおもいます!


最後までお読みいただきありがとうございました!




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。